ナンモワカランアザラシ

技術的なアレコレを自分の言葉で書いて保管・公開しておくための静かなインターネット

『実践Vim 思考のスピードで編集しよう!』を読んだ

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HWLJI3U/ref=ppx_yo_dt_b_d_asin_title_351_o01

vimの機能をTIPSという形式で大量に書き連ねた本である。

いまだにvimによるコーディング速度がVSCodeによるそれの1/10くらいだなあと悩んでいたのでタイトルに惹かれて買った。 半年ほど前から、私物のPCではneovimを使うようにしている。vimについては、編集するのに困ることはないが思うように速度が上がらず困っている状態である。本に書かれているTIPSのうち、8割くらいは普段使いしていない機能であった。 序盤で思想として「繰り返し」を強調しているのがよかった。とりあえず触ってから、思想を知ることで、より深く扱えるようになるというのは理想的な習得方法だと思う。

ぶっちゃけ読んだことの9割くらいはすでに頭から抜け落ちた。エッセンスだけ頭の片隅に置いておいて、その場面に出会った際にリファレンスとしてこの本を開く、という使い方がよいのだろう。電子書籍で買ったことを少しだけ後悔している。